Novel

【短編小説】太陽系惑星会議 ~人間の未来~

プロローグ

太陽系では1000年に1度、惑星の神々による「太陽系惑星会議」が開催されてきた。今年はその会議開催の年に当たる。一方で、地球では資源を無尽蔵に消費する“人間“の存在が無視できなくなっていた。人間の存続可否を決める議論が始まる。

本編

/ 太陽系内 惑星神殿 /

太陽之神「皆よく集まってくれた。それではこれより、太陽系惑星会議を始める」

水星之神「みな、久しぶりだな」

金星之神「久しいな」

木星之神「最近はどうだ?」

土星之神「特に変わりはない」

天王星之神「我が星も特に変わりは無い」

太陽之神「それは結構。さて、各惑星毎に特に問題が無ければ、このまま本会議は閉廷しようと思うが」

地球之神「いや、待って欲しい」

太陽之神「地球之神?どうした?」

地球之神「実は今、我が星は大変困っている」

太陽之神「というと?」

地球之神「前回の本会議から1000年、人間という生き物が我が星の地表で自由勝手に暴れておる」

太陽之神「人間・・・あぁ、確か・・・知能が高くて二足歩行する、好戦的な種だったか」

地球之神「そうだ。あれはさらに進化しおった」

太陽之神「ほう」

地球之神「以前よりも星の資源を消費し、二酸化炭素を撒き散らし、海洋資源を乱獲し、星の生態系に多大な影響を及ぼしている。まさにやりたい放題だ」

太陽之神「なるほど」

地球之神「しかも、問題は今後だ」

火星之神「今後?」

地球之神「少し前、人間は我が星の衛星である月へも到達を果たした。今後も人間は太陽系内の宇宙空間へ積極的な進出を目指すだろう。それは、貴殿らの各惑星も含まれる。宇宙空間への進出に伴い、今後は種としての数が加速度的に増えていくと予想している」

太陽之神「そうなると・・・いずれは太陽系全体の問題になるな」

地球之神「まさにその通りだ」

火星之神「それは由々しき事態だ」

地球之神「一刻も早く、対処する必要があると考える」

水星之神「対処というが、具体的には?」

地球之神「あくまで一案だが・・・地表へ隕石を落とす案を考えている」

水星之神「なんと」

金星之神「隕石と簡単に言うが、どこから質量のある物体を調達するのだ?」

地球之神「土星の衛星を活用する」

太陽之神「・・・なるほど、地表の生き物にとってはひとたまりもないだろうな。我は極論過ぎると考えるが、他の皆はどう思う?」

木星之神「我はやり過ぎだと考える。人間だけではなく、貴星の他の多くの種にも影響を与えるではないか」

地球之神「木星之神、そなたは困っておらぬからそんなことを言えるのだ。他人事にしか聞こえん」

土星之神「言葉が過ぎるぞ、地球之神」

地球之神「・・・」

火星之神「手段はともかく、我も地球之神と同様に対処が必要だと考える。我が星は地球の隣に位置している。次に侵略されるのは我が星の可能性が高いからな」

金星之神「我も同意見だ。我が星も地球の隣だからな。今のうちに対処したい」

太陽之神「なるほど、火星之神、金星之神の危機感も理解はできる」

海王星之神「待たれよ。太陽之神」

太陽之神「どうした?海王星之神」

海王星之神「我々は太陽系の外を知らぬ」

太陽之神「・・・何が言いたい?」

海王星之神「知りたくはないか?太陽系の外を。広大な宇宙の知己を」

太陽之神「知りたい欲求はもちろんある。しかし、残念ながら我々は宇宙憲法に則り、太陽系を出ることは許されない」

木星之神「それはこの50億年、ずっと変わらない」

海王星之神「だからこそだ。人間に、我々の代わりに太陽系外の宇宙を見てきてもらうのはどうだ?その知見を我らにも共有してもらうのだ」

◇つづく・・・

【短編小説】太陽系惑星会議 ~人間の未来~ 続編

【短編小説】太陽系惑星会議 ~人間の未来~の続編はEigo Studios @noteにて公開中!

Eigo Studios:Yusuke Eigoの創作サブスクです。

Eigo Studios @note

【 Eigo Studios 】はこちら

登場人物

・太陽之神:太陽系惑星会議 代表。会議内では司会を担当。

・水星之神:太陽之神のサポート役を勤める。中立派。

・金星之神:人間について危機感を持つ。革新的思想。

・地球之神:人間の発展に困窮している。革新的思想。

・火星之神:人間について危機感を持つ。革新的思想。

・木星之神:太陽系惑星会議 副代表。保守的思想。

・土星之神:太陽系内資源管理担当。保守的思想。

・天王星之神:太陽系外縁調査 副担当。太陽系外に興味を持つ。革新的思想。

・海王星之神:太陽系外縁調査 主担当。太陽系外に興味を持つ。惑星の寿命に危機感。革新的思想。

*本作品の著作権は著者(Yusuke Eigo)に帰属します。無断転載はお控え下さい。

-Novel
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5