Novel

【短編小説】仮面婚活パーティー

スミス「レディース&ジェントルメン!」

スミス「皆さま、今宵は本イベント、仮面婚活パーティーへのご参加、誠にありがとうございます」

スミス「私は今回のイベント主催者であり、司会も勤めます、スミス・武田と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます」

/ 参加者の拍手 /

男性客A「いやぁ、胸が高鳴ります。ワクワクしますね。」

女性客B「そうですね!素敵な出会いを見つけないと。あっ、イケメン発見!」

スミス「今日は私にとって大事なイベント。よってぜひとも成功させたいですし、みなさんにとっても素敵な1日になることを心から願っております」

/ 参加者の拍手 /

スミス「さて、開演に先立ちまして、皆さまにご連絡事項を申し上げます。本日のイベントでは、皆さん仮面で目を覆っていただきます。これは、外見や年齢を気にせずにお話を楽しんで頂きたいとの想いがあるためです。最初はそれぞれ胸につけて頂いたネームプレートを見ながら、気軽に声を掛けましょう」

スミス「さぁ皆さん!ご準備はよろしいでしょうか?」

女性客C「ごめんなさい、このお面のサイズ違い無いかしら?さっきからずっとゴワゴワするのよねぇ・・・」

スミス「えぇ、もちろんございますよ。すぐ手配しましょう」

女性客C「 助かるわ~!・・・あらっ」

/ 女性客Cの仮面が外れる /

女性客C「やだ!もぅ、ゴム紐が切れちゃったわ」

スミス「大丈夫ですか・・・お・・・や?」

スミス「か、母さん!?」

スミス母「母さん?・・・え?もしかして・・・なおとなの!?」

スミス母「ちょっと!あんたなんでここにいるのよ!?」

スミス「こ、こっちのセリフだよ!それに、名前で呼ぶな!今はスミス!」

スミス母「誰よスミスって!なおと、あんた仕事は・・・研究職じゃないの?心理学の!」

スミス「こ、これは・・・恋の研究・・・みたいなもんだよ!」

スミス母「どういうことよ!」

スミス「母さんこそ!何でここにいるのさ!?・・・ネームプレート・・・プリンセス・ラブ?・・・え?」

スミス母「お父さんと離婚してもう2年・・・あたしだってね、新しい恋をしたいの!前に進みたいのよ!」

スミス「えっ!?母さん離婚してたの!?聞いてないんだけど!?」

・・・

/ 観客がざわつく /

男性客A「まぁ、人生いろいろあるしね」

女性客B「いくつになっても、恋を楽しむのは素敵だと思います」

女性客B「なので、私も生涯イケメンを追い続けます!」

男性客A「ほぅ、アクティブですねぇ。イケメン代表として、今日は気合を入れないと」

女性客B「ん?」

スミス母「私も恋を楽しむために来たわ。なんたって人生一度きりなんだもの!」

スミス母「だ・か・ら、細かいことは置いといて、さっさとパーティーを始めましょう!」

スミス「はぁ?ちょっと待てよ!俺のイベントなんだけど?勝手に仕切るなよ!」

スミス母「別にいいじゃない、細かいわね。誰があなたを生んだと思ってんのよ?」

スミス「いや、それは今は関係ないだろ!」

スミス母「もぅ、司会しないなら私がやるわよ?さぁみんな、グラスを取って!」

女性客B「あのー、正直、私は喉が乾きました笑」

女性客B「スミスさんも乾杯しましょう?レッツパーリーナイト!」

スミス「えぇ、乾杯はしましょう、ただ、私が乾杯の挨拶をですね」

男性客A「私はカルーアミルクにしようかな!プリンセス・ラブに恋の祝福を!」

スミス母「アイアム、プリンセス・ラブ!みんな、いくわよ?せーの!」

スミス「あ!ちょっと!?」

全員「乾杯!」

/ 会場が盛り上がる /

スミス「俺の・・・イベントが・・・」

登場人物

スミス・武田:仮面婚活パーティー主催者・イベント司会、30代・男性

スミス母(女性客C):スミスの母、新たな恋を探し中。今回は「プリンセス・ラブ」の名前でイベント参加、60代・女性

男性客A:パーティー参加客、30代・経営者 男性、好きなお酒はカルーアミルク、イケメン代表(自称)

女性客B:パーティー参加客、20代・会社員 女性、好きなお酒はワイン、好きなタイプはイケメン

あとがき

物語は、ある仮面婚活パーティー主催者(スミス)の挨拶から始まります。

スミスのジェットコースターのような喜怒哀楽、登場人物とのコミカルな会話を楽しんで頂けると嬉しいです。

本作品は、元々は私がボイスサンプルで作成したシナリオを、短編小説として妄想&拡大構成したもの。

もしこんな賑やかな仮面婚活パーティーがあったら・・・実際に参加してみたいです笑。

作品紹介

今宵は、仮面を着けたオシャレな男女が集う婚活パーティー開催日。

パーティー会場内でのまさかの出会いとは。

個性的な登場人物達が紡ぐ、愛のヒューマンドラマ。

*本作品の著作権は著者(Eigo Yusuke)に帰属します。無断転載はお控え下さい。商業利用のご依頼は、本サイトメールフォームよりご連絡下さい。

-Novel
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5