Novel

【短編小説】放課後ジェントルメン ~出会い編~

プロローグ

主人公は、趣味がナンパの大学生「凛空」。彼が街中で謎の男「ラジオDJ」と偶然出会ったことで起きた奇跡とは。ハートフルな恋愛物語です。

本編

/都会の街並みの景色と騒音/

凛空「俺は凛空(リク)、20歳の普通の大学生」

凛空「今日は授業終わりに、風に乗って街にナンパに出てきた」

凛空「そ☆し☆て!言ってる側から可愛い女の子を発見!」

凛空「さぁて、クールに決めるぜ!」

凛空「やぁ、そこの麗しいお嬢さん!」

女性「ん?」

凛空「ご機嫌いかがですか?」

女性「はい?」

凛空「良かったら俺と一緒に、エレガントな恋をしませんか?」

女性「い、いえ・・・大丈夫です・・・」

/女性が走って逃げていく/

凛空「あぁっ!ちょっと待って!・・・はぁ、行ってしまった」

凛空「うーん、これで20人連続で声掛け失敗か」

凛空「このジェントルメンな俺の魅力が伝わらずに、残念、無念、好青年!」

凛空「でも!諦めない!頑張れ俺、ファイ!」

/2人の会話を眺めていた男性が凛空に近づく/

ラジオDJ「なぁ、そこの青少年」

凛空「え?」

ラジオDJ「青少年よ」

凛空「俺のことですか?」

ラジオDJ「そうだ、君のことだ」

ラジオDJ「さっきから見ていたが、あまり上手くいっていないようだな」

凛空「ハハハ、見られてましたかー。そーなんですよね、みんな話を聞いてくれなくて」

ラジオDJ「お節介とは分かりつつ、恋にガッツのある君と出会ったのは何かの縁。恋愛マスターの私から貴重なアドバイスを贈ろう」

凛空「恋愛・・・マスター?」

ラジオDJ「女性に声を掛ける時は、相手を安心させる言葉選び。何を一緒にしたいかなど、しっかりと説明してあげないといけない」

凛空「安心する言葉選び・・・何を一緒にしたいか・・・」

ラジオDJ「良かったら試してみたまえ」

凛空「はぁ・・・」

ラジオDJ「おっといけない、収録に遅れてしまう。私はそろそろ失礼するよ」

ラジオDJ「それでは、アディオス!」

/ラジオDJが走り去る/

凛空「あの!・・・行ってしまった・・・変な人だったなぁ」

凛空「女性が安心する言葉選びねぇ・・・うーん、なんだろ?」

凛空「ま!分からないけど、まずはやってみるか、ポジティブシンキング!」

/凛空が周囲を見渡す/

凛空「あの大時計の下の女の子・・・今のふわっと髪をかき上げた仕草・・・ベリーキュートだ。セミロングの髪型も素敵だし」

凛空「同い年くらいかな?ダメ元で声を掛けてみようか、チャレンジレンジ」

/凛空が海澄に近づく/

凛空「んん、そこのお姉さん!俺とフルーティーな恋っ・・・!」

海澄「え?」

次のページへ >

-Novel
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5