Novel

【短編小説】勇気の使者 ~バーアレクサンダー~

プロローグ

仕事で多忙な会社員の勇希。彼が仕事終わりの帰宅中、街で偶然見つけたのは”バー・アレクサンダー”。店員のサキ、同じく客のアンドリューとの不思議な出会いから、勇希の人生が変わろうとしている。

本編

/ 都会の喧騒の音 /

勇希「はぁ・・・今日も仕事疲れたなぁ。寝不足でミスして最悪。どこか店で飲んでいきたいくらい・・・ってあれ?こんな場所にお店なんかあったかな?。“バー・アレクサンダー”・・・?。ふーん、試しに入ってみるか」

/ 入店の音 /

サキ「いらっしゃいませー、お一人様ですか?」

勇希「あ、はい」

サキ「良かったらカウンター席どうぞ」

勇希「はい」

サキ「先に何か飲まれます?」

勇希「えーと、じゃあ、ビールあります?」

サキ「ありますよ。瓶ビールになりますが大丈夫です?」

勇希「大丈夫です。お願いします」

サキ「かしこまりました♪」

勇希「・・・はぁ」

サキ「お兄さん、お疲れですか?」

勇希「あ、ハハ、ちょっとね。今日は仕事がかなり忙しくて」

サキ「あちゃー、そうなんですね、睡眠とか取れてます?」

勇希「大丈夫・・・と言いたいところですけど、いやー、最近はずっと残業続きで、寝不足気味なんですよね」

サキ「うーん、それは心配ですね」

/ 来店のベルの音 /

サキ「あ、いらっしゃいませー」

アンドリュー「こんばんは、予約しておいたアンドリューです」

サキ「はい、アンドリュー様ですね、お待ちしていました」

アンドリュー「もう一人は遅れてきます」

サキ「かしこまりました」

アンドリュー「それまで、カウンター席でもいいかな?」

サキ「大丈夫ですよ。お先に何か飲まれますか?」

アンドリュー「ええ、そうしたら、アレクサンダーをもらおうかな。ロックで」

サキ「はい、かしこまりました♪」

/ サキがドリンクを作り始める /

アンドリュー「やぁ、こんばんは」

勇希「え?」

アンドリュー「私の連れが来るまで、良かったら少しお話しないかね?」

勇希「えぇ、大丈夫ですよ」

アンドリュー「ありがとう。初めましてだね。私はアンドリューです」

勇希「僕は勇希です。初めまして」

アンドリュー「最近はどうかね?調子は」

勇希「調子・・・うーん。最近は仕事ばかりですねー」

アンドリュー「そうなんだね。趣味とか、リフレッシュはできているかい?」

勇希「最近はあまりできてないですね・・・。元々、趣味はトレーニングでしたが、まとまった時間が取れなくて」

アンドリュー「どうやら、仕事がかなり忙しそうだね」

勇希「ええ。いま職場が人手不足の状態が続いていて、休日も返上で働いている状況で・・・。気がつけば趣味を楽しむ時間も足りなくなってしまいました」

アンドリュー「休日も返上とは大変だ」

勇希「あぁ、もっと時間があれば・・・」

アンドリュー「時間があれば?」

勇希「やりたいことができるのに」

サキ「お話の途中にごめんなさい、ドリンクお待たせしました~。お先にビールと、こちらアレクサンダーです」

勇希「ありがとうございます」

アンドリュー「ありがとう、いただきます」

勇希「ふぅ・・・よしっ」

/ 勇希がビールを一気飲みする /

勇希「あー、うまい!」

サキ「す、すごーい。全部飲んじゃった」

アンドリュー「ワオ、君すごいね」

勇希「いやー、もう飲まないとほんとやってられなくて」

アンドリュー「さっき言いかけていたけれど、何かやりたいことがあるのかい?」

勇希「あ、あります・・・けれど」

アンドリュー「けれど?」

勇希「人に話すのは・・・ちょっと恥ずかしくて」

アンドリュー「なに大丈夫だ、私は初対面だ。もちろん口外もしない」

サキ「もちろん、私も誰にも言いませんよ?」

勇希「そうですね・・・あの・・・」

アンドリュー「あぁ」

勇希「実は俺・・・政治家になりたいんです」

◇つづく・・・

【短編小説】勇気の使者 ~バーアレクサンダー~ 続編

【短編小説】勇気の使者 ~バーアレクサンダー~の続編はEigo Studios @noteにて公開中!

Eigo Studios:Yusuke Eigoの創作サブスクです。

Eigo Studios @note

【 Eigo Studios 】はこちら

登場人物

・勇希(ゆうき):男性、30歳、会社員、真面目な性格、仕事で多忙な日々を過ごしているが、胸に秘めている夢がある

・サキ:女性、年齢不詳、バーアレクサンダーの店員、明るい性格

・アンドリュー:男性、年齢不詳、政治家

*本作品の著作権は著者(Yusuke Eigo)に帰属します。無断転載はお控え下さい。

-Novel
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5