Novel

【短編小説】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

プロローグ

2069年の未だ見ぬ未来から、現代を生きる主人公に手紙が届く。想いは時を越える。

本編

こんにちは、若かりし頃の僕。

僕はいま、未来からあなたに向けて手紙を書いています。

ちなみに今日の日付は西暦2069年12月25日です。

80歳だけど、まだまだ元気です。

場所は冥王星の第3スペースコロニー。

ちなみに、さっきから5歳になる女の子の孫が、横で面白そうにこの手紙を覗き込んでいます。

さて、いまは新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大し、毎日の生活が本当に大変な時期だと思います。

当たり前だった生活ができなくなり、毎日のように暗いニュースを目にすることで心の余裕も無くなっているかもしれません。

時には、「何で自分だけこんな目に遭わないといけないのか?」と思う瞬間や出来事も少なからずあると思います。

実際に、僕も当時は心の余裕が無くなり、些細なことで親友に八つ当たりしてしまいました。

彼とは一時期、その件で疎遠になってしまいましたが・・・。

後に仲直りをして、いまでも半年に1回ほどのペースで家族付き合いを続けています。

相変わらず声が大きいですが、とても大事な存在です(笑)。

大丈夫。いつの時代も、ずっと続く暗闇はありません。

いま皆で力を合わせれば、いずれ元の日常に戻れる日が必ず訪れます。

いまは、元の日常に戻った時に、友達と何をすればワクワクするかな?

家族であの国に旅行に行きたいな?新しいことを始めてみようかな?

そんな前向きになれることを考えながら、日々を過ごしてみてください。

人生の先輩から、少しばかり心が軽くなるアドバイスです。

どうか「心」と「体」の両方の健康に気をつけて。

適度な運動とバランスの良い食事を心がけつつ、笑顔を忘れないようにして過ごしてくださいね。

あなたが子供の頃から大好きな宇宙。

果たしていつから家族で旅行に行けるのか・・・今から楽しみに待っていてください。

それではまた、未来で会いましょう。

大丈夫、生きてさえいれば、きっと想像もできないような楽しい経験が、今後はいくらでもあなたを待っていますよ。

2069年12月25日 未来の僕より

登場人物

・僕:未来の僕、2069年12月25日から現代の自分へ発信

あとがき

こちらの短編小説は、2021年1月に新型コロナウイルスの影響で不安な自身の気持ちを奮い立たせたいと思い制作しました。

今は大変な世の中ですが、きっと元の平和な日常を取り戻せる日が来ると信じています。

顔を上げて立ち止まらず、共に前に進みましょう。

関連記事

【漫画版】「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」

こちらもCHECK

【漫画】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

タイトル:未来の手紙 ~想い、時を越えて~ 原作:Yusuke 漫画:Kapuenu 関連記事 ◇【小説版】「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」 こちらもCHECK ◇【設定資料】「未来の手紙 ~想い ...

続きを見る

【設定資料】「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」

こちらもCHECK

《設定資料 公開》【短編小説】未来の手紙 ~想い、時を越えて~

2021年12月、私が人生で初めて執筆した短編小説「未来の手紙 ~想い、時を越えて~」の漫画化が実現しました。 本作の漫画化を記念し、設定資料を公開いたします。 目次1 【漫画】「未来の手紙 ~想い、 ...

続きを見る

*本作品の著作権は著者(Yusuke Eigo)に帰属します。無断転載はお控え下さい。

-Novel
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5