Blog

人の持ち時間は約74万時間~やりたいことを前倒しする大切さ~

「人の持ち時間はどれくらいあるのだろう?」

ある日の夜、布団に入って寝る前にふと思いました。

厚生労働省の「簡易生命表(令和元年)」によると、2019年の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳になるそうです。

なお、男女平均では84.43歳になります。

1日を24時間とし、84.43年生きれると仮定した場合、

24時間×365日×84.43歳=約74万時間

つまり、これが人の持ち時間と言えます。

この数字を見て、あなたはどう感じましたか?

私は正直、意外と少ないと感じました。

かといって、どれくらい時間があれば多いと感じるのかは分からないのですが。

一つだけ、人生は有限なのだなと改めて思いました。

ちなみに、自分の意志で体を動かせない睡眠時間を考慮した場合、74万時間の全ては使えなくなります。

人の睡眠時間を6時間とした場合、実際に行動できるのは74万時間のうちの3/4時間、つまり55.5万時間になることに。

人は永遠に生きられない。

だからこそ、やりたいことに前倒しで挑戦する勇気が大切だと思います。

「あの時やっておけば良かった」を言わないようにするため。

そして、後悔しない人生のために。

私は人生は有限だと気が付いてから、常にすき間時間を有効活用できないか考えるようになりました。

実際の実践内容については、下記の記事もぜひ見てください。

こちらもCHECK

【すき間時間】おすすめの活用法4選 ~時間術~

皆さんは日々の移動や待ち時間といった「すき間時間」を、どのように過ごしていますか? 読書、スマホゲーム、動画視聴、ニュースチェック、友達とのチャットなど、人によって様々だと思います。 今回は、私が普段 ...

続きを見る

-Blog
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5