Eigo Stories

大阪から上京を決意したきっかけ ~Eigo Stories vol.1~

人生は悩みの連続です。

特に、私は「上京」について猛烈に悩んだ経験があります。

今回は、私が上京を決意したきっかけをお話します。

◇Eigo Stories vol.1

上京を悩む日々

20代の当時、私は大阪でエンジニアの仕事をしながら、上京について真剣に悩んでいました。

上京して芸能に関わる仕事をしながら、芝居をやってみたい。

一方で、既に大阪で日々の仕事はあり、所属事務所・声優養成所・実家は全て関西。

そもそも、関東に知り合いはほとんどいない状況。

「全てを辞める勇気はあるのか?」

自問自答しながらも、決断できない日々が続いていました。

上京を決意したきっかけ

そんなある日、私はある葬儀式場の前を自転車で通る機会がありました。

いつもなら特に気にしないものの、その日は看板に書かれている文字に目が釘付けになりました。

そこに書かれてた名前・・・。

自分の本名の名字と同じだったのです。

次の瞬間、自転車を停めて立ち止まっていました。

もちろん自分とは異なる家族。

しかし、その時に「人生には本当に終わりがある」と強烈に自分事化したのを覚えています。

改めて自分に問いました。

自分もいつか必ずこの世を去るとしたら、最後に何を後悔するだろうか?環境を変える勇気がなく、言い訳を続けて上京しなかったことではないか?これ以上はもう後回しにせず、確実にいま行動するべき。

その時、自分の中で覚悟が決まりました。

その場で葬儀式場に向けてそっと手を合わせ、急いで自転車に乗って帰宅。

その日から、上京に向けて一気に準備を始めました。

人生初の東京暮らし

次の春、遂に憧れの東京暮らしが始まりました。

そして実際に、芸能に関わる仕事をしながら、芝居にも取り組むことができました。

さらに人脈・行動範囲も広がりました。

上京してからは良いこともあれば、悪いことも多々ありましたが、それら全てがとても貴重な人生経験。

今では、当時に勇気を出して上京する決断ができて本当に良かったと思っています。

おわりに

今回は、私が上京を決意したきっかけをお話しました。

きっと今後の人生おいても、様々な困難が待ち受けていると思います。

しかし、「人生は有限」、「最後は自分で決断する」を忘れず、主体的に行動していきます。

一度きりの人生、全力で楽しみたい。

おわり。

-Eigo Stories
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5