Blog

他人と比較すると無限に辛い、だから僕は「自分の先祖」と比べてみた

今の時代、他人と比較するものがとても多く感じます。

お金、学歴、偏差値、SNSのフォロワー数など。

他人と比較すると永遠に辛い。

どの領域も、結局は上には上がいる。

そのことに気がついた時、私は他人と比較するのを諦めました。

その代わり、「自分の先祖」と比べてみることにしました。

今から2万年前の日本。

石器時代へ、タイムスリップ。

自分の先祖 (石器時代 現代から2万年前)

  • 名前:キセ
  • 年齢:35歳
  • 家族:妻、子ども 2人
  • 仕事:狩猟、採集
  • 住まい:洞窟
  • 食料:肉、穀物、果物
  • 服装:動物の毛皮
  • 趣味:散歩、妄想
  • 困り事:最近は悪天候が続き、備蓄食料が減少

2万年前の石器時代。

この時代には、学歴も、偏差値も、お金も、スマホも、SNSも存在しない世界。

便利な家電品は無く、そもそも電気も無い。

石器時代の彼(キセ)と、現代の自分が共通する点は2つだけ。

「生き物」、「人生は有限」

すなわち人間(生き物)としては、

・ゆっくり寝れる家

・美味しいご飯

・温かい服

・一緒に過ごせる家族・友達

これらがあれば、生きていけるのではないか。

もしかすると、既に自分は人間として大切なものを持っているのではないか。

自分自身を、生き物ではない特別な存在だと勘違いしていないか。

そう思いました。

おわりに

他人と比較すると無限に辛い、だから「自分の先祖」と比べてみる。

皆さんはどう感じましたか?

最後に一つだけ。

他人と比べて落ち込んで悩んでいる時間がもったいない。

自分オリジナルの人生を生きていきましょう。

おわり

-Blog
-, ,

© 2022 Eigo.COM Powered by AFFINGER5